代表挨拶

日本の旅行業が長く歴史を重ねてきた理由の一つは、グローバライズに馴染まない地理的、文化的要因により外資の参入が容易でなかったことにあります。

 

しかしながら2000年代初頭からITとインターネット環境が市場を変え、旅行の販売実態はアナログな旅行業ビジネスと極を成すに至りました。そのギャップをどうキャッチアップし、先に進むかが日本の旅行業の鍵になります。

 

これから出来ること、厳然とある「旅のチカラ」、未着手のアイディアも多く存在すると思います。それらを実現するために「案ずるより産むが易し」と「思い切り」というイノベーションで、あらゆる機会を次の一手に繋げていきたいと考えています。

 

旅行業は平和産業であり、過去には湾岸危機、同時多発テロやSARS、自然災害そしてこの度は新型肺炎が旅行需要を消し去りました。しかしながらそれは一時的な現象で、旅に対する欲求は人の心から無くならず、かならずいつか実行されてきたと思います。

 

是非、旅行をされるお客様と、そのお世話をする旅行関連事業者の皆様のお手伝いをさせて頂きたくご指導を賜りますようお願いしまして、ご挨拶とさせて頂きます。

 

 
スクリーンショット 2020-03-29 20.15.20.png
スクリーンショット 2020-03-29 20.14.47.png
 

代表略歴

・株式会社日本交通公社

・JTBワールドバケーションズ

・株式会社パシフィックミクロネシアツアーズサイパン支店

・株式会社JTB首都圏新宿支店

・同トラベルデザイナー新宿立ち上げ

・同横浜西口支店

・株式会社アニバーサリートラベル立ち上げ(T&G社合弁)

・株式会社JTB法人東京

・2012年ツーリズムラボ創業